前へ
次へ

基本的に納骨は葬儀の後にすること

葬儀の後に遺骨はしばらくの間は自宅の祭壇などに安置されることになりますが一定の期間を経ると基本的には納骨するようになります。
仏式であれば四十九日の後の法要で行うということが多いですがこの納骨という行為にも実は許可証が必要になります。
納骨式というのを多分行うことになるのでしょうが埋葬許可証というのが必要になります。
なぜかと言いますと勝手に好きなところに骨を埋められるということになってしまうと色々と問題が出てきてしまう可能性があるからです。
埋める義務があるというわけではありませんので極端に問題になるということでもないのですし、許可証自体に過分な料金がかかるというようなことでもないです。
葬儀が終わればすべてが終わるということではないです。
納骨までやって初めて葬儀の一連の流れが終了する、と言う事になりますから、その間に気を抜かないようにしましょう。
とても大事な儀式の一つであるといえます。
それが納骨です。

Page Top